10月14日

お祭りにお呼ばれ

 今日はこの秋一番の寒さかな。私もさすがに夏用の下着から普通の綿の下着に替えました。
 
 今日はお嫁さんの実家に秋祭りのお呼ばれに行くのです。 お嫁さんの実家は市外地で市内よりちょっと気温も低いので結構着込んで行きました。

 ちょうど出かけようとしたところへ親友夫婦が、母の見舞いを持ってやってきてくれました。いつもだったら話し込むところですが、どうしようもありません。見送りまでしてもらいましたが、後を妻に任せてお嫁さんの実家へと向かいました。
 妻は施設の昼食のこともあり、それから商工会議所女性会のこともありで同行できませんでした。

 例年だとお嫁さんの両親やお姉さん関係が集まり賑やかだということなのですが、それぞれ都合があり、今年はお父さんの姉夫婦とお嫁さんの姉親子、それに息子と私でした。

 もちろん祭りのお呼ばれ、ごちそうに飲み物。好きなだけ食べて飲まれればいいのですが。問題はトイレに一番困るのです。だから飲む方はうんと控えめにならざるを得ません。まあ食べる方はけっこういただいたのですが。
 会食中の談話は私はもっぱら聞くほうに回りました。うまくしゃべられませんし。しゃべっても理解するのが難しいもの(と妻は言った)。

 ちょうど御輿行列が実家の前を通りましたので、二階のテラスから見せてもらいました。
 市内の秋祭りとはちょっと違ったのは、御輿のほかにも各地区の山車が出ることです。昔は案山子だったのかもしれません。

 ちょっと奇異に見えたのが太夫さんが軽トラの乗って行列していたことです。まあ歩けば結構な距離になるからでしょうけど。

 お父さんが言われるのに、「今年は迎える人が少ない。」と。ご多分に漏れず、この地域も過疎化が進んできているのでしょう。お嫁さんのところも娘二人とも出てしまっているものな。

 食後のコーヒーをいただいているうちに結構いい時間となり、お礼を言って帰りました。

 祭りに呼ばれたなんて何十年ぶりでしたでしょうか。楽しい時間を過ごさせていただきました。
私は朝からワクワクです。妻は商工会議所女性部の出店で売る品物(コロッケ・串カツ)作りにみんなと奮闘。そして恒例の「ゆかた無料着付け」の会場。さらに今年は新たに「育チャン会場」にもなりました。要するにドレミファフェスティバルの時の赤ちゃん休憩所です。 我が家はてんやわんや。
 息子と嫁は通り商店街の出店の手伝いに出ました。
 そう言うことで、私は自分で朝食の準備をさせられる始末です。お昼も間に合わせ。
 午後2時半開会式。そのあと市内の中学生による「ソーランよさこい踊り」がありました。市内の中学生400人以上が踊ったのです。残念ながら私は見に行きませんでした。
 また施設の裏では今年も商工会議所青年部が設立20周年だということで20メートルの池を設置して「金魚すくい・ヨーヨーつり」など子ども向けの出店をしていました。
 予定よりも早めに終わりました。そう言えば早く行進していたなあ。
 嫁さんのお母さんもパレードに参加しておられ、一枚だけ良いのが取れました。そのお母さんも終わってこられ、お父さんと連れだって帰られました。そうそ、嫁さんの甥が来ていて、一晩泊まって帰りました。大変喜んでいるようで、何よりでした。

 友達夫婦も連れだって帰り、私たち夫婦も妻の仕事が一応終わっていたので、車いすを押して家に入らせてもらいました。

 来年もまた元気で見られますように。
 施設の入居者もスタッフや家族に連れられて楽しげに見物しておられました。
 踊りパレードの間にはイルミネーションの山車も出ました。その山車が通る時にはわざわざ特設の照明を消すほどでした。
 でも私にはどれもイマイチの出来のように思えましたけれど。
 そうやって撮っても今年は使えるのが少なかったように思います。カードに記録した写真は全部で127枚。本当にこれはというのは10枚もないほどです。まあま見てもおかしくないのを選んでここには載せました。(去年も同じようなこと書いていますね。)
 友と語ったりしながら、コップを傾けポテトフライや焼きイカを食べながら、見物もしました。知人・教え子にも会えました。声を掛け合ったり、掛けてもらったりしました。
 その間を縫うように写真を一杯撮りました。知った人の写真も数枚撮りました。残念なことにデジカメですからシャッターを押してから記録するまでに時間がかかります。私のカメラは1999年製だからやたらと遅いのです。ですから「ナイスショット!」と思ってシャッターを切ったらもう遅い。全然写真にならなかったり。最近はそれを逆に利用するようにもなりました。またわずかに早めにシャッターを切ったりもします。カメラ内蔵のストロボは容量がとても少ないので、一眼レフカメラのストロボを使っています。もちろんオートでは上手く取れませんので、状況に応じてストロボの光量を変えたり、カメラのシャッタースピードを変えたり、とけっこう大変です。
 午後5時半、昼寝から目を覚まし、体がしゃんとするのを待っていると、楽隊の音が。 カメラを首にぶら下げ、外出用の車いすに乗り換えて表に出ました。私の家は駅前通りに面しており、フェスティバルのメインストリートです。去年から行進の方向が逆になり、さらにパレードが見よいところとなりました。
 私の友達夫婦や嫁さんの親も来られるので、縁座を表に出しました。場所が良いところなので早めに出しておかなければ場を取られるからです。我が家の前だからなんて理屈は通りませんから。知らない人でもその縁座に座るんですから。
 福山消防音楽隊がパレードの先頭です。団体・企業の行進から踊りパレード(間にイルミネーション山車の行進)と今年は途中にトイレに行くこともなしに最後まで見ることができました。

2007年

7月28日

2007年府中ドレミファフェスティバル

開会行事後に「府中タンスリレー」です。こちらは見物に行きました。リレー早々にタンスを運ぶ台が壊れる(タンスの重さが70kg、台座はそれ以上とのこと。タンスは壊れる可能性はありましたが、台座が壊れるとは。)  というハプニングがあり、リレーも一時休憩。それを契機に暑いので帰宅し、本番に備えて昼寝をしました。
 今年も何とか元気でドレミファフェスティバルを迎えることができました。
 ドレミファフェスティバルは、昨日から始まっているのですが、今日がメインイベントの日です。
 数日前に転倒して脇腹を強打して痛みはあるものの気分は元気です。(実はその後肋骨2本骨折していることが分かりました。)
 今日はこの夏一番の暑さ。夏祭りにはもってこいのお天気となっています。